社会貢献委員会

【清掃活動】FM岡山 コスモアースコンシャスアクトクリーン・キャンペーン in 岡山 - 2018年10月28日

2018年 10月 28日(日曜日) 9時~12時
児島湾締切堤防 西側広場 開会式
参加者集合写真 350名

メンバーお揃いのジャンバー姿で集合!
ゴミ袋 軍手 火ばさみ 長靴準備 OKいざ出陣!!

清掃活動中のメンバー
燃えるもと燃えないものに分別します。
ペットボトル 発泡スチロール 空き缶 空き瓶 ライター
等漂着物のゴミが多かったと思います。

約1時間30分清掃活動を終えて清々しい気持ちです。
参加者
山田さん 小坂さん 赤木さん 安部さん 若林さん
後藤さん 猪木さん 伊藤さん 佐藤さん 内藤さん 平野

《気軽に俳句遊び》伊藤公美 小林純一プロデュース - 2018年10月19日

説明:俳句は基礎ルールが有ります。五七五で季語を入れる。
今回は秋をテーマに俳句を作ってもらいました。

<1枚目>
社会貢献委員会 俳句の師匠 伊藤公美先生
マイクを持ちながら俳句の説明をしています。

<2枚目>
皆さん、試行錯誤しています。

<3枚目>
優秀作品が出来ました。秋の季節を感じさせてくれる
素晴らしい 俳句ですね!
優勝作品は 佐藤さんの俳句でした。

アートの島「直島」研修  - 2018年5月24日

 社会貢献委員会が企画した今年度の研修事業「直島研修」が、5月24日行なわれ、香川県・直島で現代アートや街づくりについて鑑賞、見学しました。
研修には、会員18人が参加、宇野港からフェリーで直島に渡り、ベネッセミュージアム、地中美術館を訪れ、また町並みもゆっくり散策しました。
 
 この日は雲一つない絶好の〝見学日和〟となり、見事に描かれた絵画の中で、楽しく心地よく過ごせた一日でした。
現代アートの意外性や安藤忠雄建築への驚きなど、感じることは多かったようです。
瀬戸内芸術祭開催など、アートの街づくりを進めている直島の町並みでは、草間彌生さんの「赤かぼちゃ」や、直島銭湯「I♥湯」(あいらぶゆー)、直島パヴィリオンなどが印象的でした。

「円ブリオ基金」募金箱贈呈 - 2018年5月18日

一口1円を拠出してお腹の赤ちゃんと妊産婦をサポートしようという「円ブリオ基金」の募金箱贈呈式が、5月例会で行なわれました。
当日は、マスターズクラブ会員が集めた募金箱がズラリそろえられ、三村会長から「岡山いのちを考える懇談会」の野村相談役に贈られました。

山川隆之氏(「吉備人出版」代表)卓話 - 2018年3月16日

テーマ「本づくりはまちづくり」についてお話し頂きました。身近な〝本〟なのですが、出版業界、書店業界は大転換期にあるのです。
「本が売れない」「街の本屋がなくなる」「地方の本づくり」「出版のススメ」などなど、興味は尽きませんでした。

「児島湖流域清掃大作戦」に参加 - 2017年11月5日

岡山県などが呼び掛けて毎年実施しているもので、当クラブとしては初めて参加しました。
三村会長を始めクラブ有志10人が、午前8時半に岡山市・西川緑道公園(下田町公園)に集合。
ゴミ袋や火バサミを手に手に、西川周辺でゴミ拾いをしました。
岡山の街をきれいにしようというもので、全員「心もきれいになった」一日でした。

叶原土筆氏(成徳学校元校長)卓話 - 2017年10月20日

児童自立支援施設「県立成徳学校」の元校長で、現在児童養護施設「南野育成園」理事長をされている叶原土筆氏(かなはら・つくし)に、青少年育成問題について卓話をして頂きました。テーマは「暮らしを共にする教育」でした。

「円ブリオ基金」スタート - 2017年9月15日

毎年当クラブで実施してきている「円ブリオ基金」と今年度も取り組むこととし、9月例会で呼び掛けをしました。
牛乳パックを活用した〝募金箱〟を配布 、来春にかけて、一円玉募金と取り組んで頂きます。

平成29年度 社会貢献委員会の活動内容 - 2017年7月21日

【活動方針】福祉貢献の取り組みや円ブリオ基金への協力、清掃奉仕活動など、多くの会員が無理なく参加できる取り組みを検討。企業研修も一回実施する。

【29年度メンバー】(順不同)
猪木正実(委員長)
平野一正(副委員長)
伊藤公美、中村暢之、福井照子、小林純一、若林安伸、篠崎香屋子、十川正宣、岩田桂子